一語一絵


 
 
<< 【今日のお客様:208】 | main | 【一日一駄話】 >>
【SOU・SOU日記】
 見渡せば・・・









部屋中に SO‐SU‐U があふれていました。

とても愛おしい。そんな柄であります。


(岡部)

| SOU・SOU日記 | 09:00 | comments(9) | - |
コメント
岡部店長お世話になります。
いつもいつも東京店にはダラダラぐるぐると店内に居続けてしまう岡崎です(^_^;)

嫁と、「岡部サンはSO-SU-U柄のイメージじゃないから意外だね」と話してましたスミマセンf^_^;)

自分もSO-SU-U柄に惹かれます! なので高橋サンには内緒でロンT買わせて下さい(笑)
じゃないと、そっち系買うんですかって怒られちゃうんで・・・(-。-;

SO-SU-U柄のカーペットや玄関マットも購入可能なんですか??
凄く興味あります♪





| オカザキ | 2010/11/14 8:37 AM |
こんにちは。
コメント有難うございます。

そうですか?「SO-SU-U」。意外でしたか?
長く使うものはまず「SO-SU-U」を選ぶ事が
多いような気がします。
ただ以前買った低座椅子の柄は悩みに悩んだあげく「枡」にしました。
これは「間がさね」もいいなと思いましたが
その時ちょうどオーダーされたお客様が「枡」
にされたので私もやっぱり枡で!となりました。
それこそ意外かもしれませんが、
お客様が試着されている姿を見て影響されることも
あります。
「あー!やっぱりこれいいわー。私も買おう!」
となる事も多いのですよ。

写真にあったラグマットは以前「HOME BASE」という
通販雑誌との企画で販売していたものですので
あいにく、現在販売はしていないのです。
見せびらかして すいません。
| 岡部 | 2010/11/15 1:16 PM |
素敵なお部屋で、参考になります。
写真を見てるだけでも落ち着きます。

エクセル上の数字を見てるとすぐ頭痛がするのに(持病です。苦笑)、同じ数字でも、ほんわか和む「SO-SU-U」のデザイン性の素晴らしさをあらためて感じました。

これだけ「SO-SU-U」が揃っていると、「SO-SU-U」の国ですね。さしずめ岡部さんは、「SO-SU-U」の国の少女アリスといったところでしょうか・・・毎日迷い込んで?羨ましいです。

きっといろんな歴史がつまっているのでしょうね。
並々ならぬ自社SOU・SOUへの愛情をも感じ、(勝手に)感服つかまつりました。

おそらく青山店随一の白面郎君は、
「すごいソスウの数ッスね!これはアリッス!」
とコメントしてるのでしょう(予報)。

お粗末なコメント失礼しました。
| 帆布茶大型車茶 | 2010/11/16 1:05 AM |
帆布茶大型車茶様

コメント有難うございます。

確かにいろんな歴史がつまっています。
そして・・・ご存知の方は
「物持ちいいなー」と思っているはずです。
なんせ、SO-SU-Uのバスタオルなんて京都にいた時に
買ったものですから。
普段はお客さんが来たときぐらいしか出しません!(笑)
ただの「捨てられない症候群」ですね。


 
| 岡部 | 2010/11/16 9:34 PM |
再びのコメント大変失礼いたします。

そして診断した結果をお伝えします。
(偉そうに・・・それにオマエ医者かよ!?三村風味)

おそらく岡部様は、
「捨てられない症候群」では無く、
「佳き物に愛着を持つ症候群」でございましょう。
その物に歴史があれば尚更です。

良き素材
佳きデザインに
愛宿る

お粗末な一句で、失礼をば。
| 帆布茶大型車茶 | 2010/11/18 12:21 AM |
帆布茶大型車茶様

診断結果、ありがとうございます。
愛着を持つ症候群。まさにその通りです。
物にも感情があるかのように考えたりして
しまう時がよくあります。
(妄想の一種でしょうか・・)

| 岡部 | 2010/11/19 10:01 PM |
家具にスネをぶつけて「痛っ!」と言った後に「ごめん」、玄関で地下足袋踏んで「ごめん」・・・私も、物に感情があるように感じます。何だか謝ってばかりですが(苦笑)。

日本は、八百万の神々がいる国ですから、日本人的でいいのだ!と、断定してます。

物なれど
友と感ずる
温かさ

以上、「芭蕉気取りかよ!」とツッコミ入るハンプティー・ダンプティーでした。
| 帆布茶大型車茶 | 2010/11/22 8:23 PM |
岡部さん お疲れ様です。
店頭で私のコメントを「深い」とお褒め?頂き、「いや浅い」と言うしか時間が無く(川辺の会話みたい)、忘れるのでコメントでお伝えします。

いつも店頭で「格好良い岡部さん」の「格好良いお部屋」の記事につけた私の文章は、「格好をつけている」だけなのです。(格好がついているかは別として)

簡潔に記せば、
「物に愛情を感じる心は、温かさを感じ、共感できます。」

文章は、自分らしく素直に書くのが一番美しいです。
反面そうならない時もあるのが、人間の面白みの一つかなあとも思いますが。

格好良い人でも風邪はひきますので、お体ご自愛ください。
それでは!
| 帆布茶大型車茶 | 2010/11/27 12:23 AM |
帆布茶大型車茶様

共感して頂きありがとうございます。
青山店の格好良い人も無事復活しました。
帆布茶大型車茶様も変な風邪にはお気をつけください。
| 岡部 | 2010/11/28 7:46 PM |
コメントする